災害に強い家|私たちの家づくり|埼玉(加須市・久喜市・蓮田市・さいたま市)【売主】新築一戸建・土地分譲・注文住宅はプレスト・ホームまでお気軽に。

トップページ私たちの家づくり災害に強い家

私たちの家づくり

03

災害に強い木造建築

木造の家はいざという時にあなたとあなたの家族を守ります。

いざという時に大切な家族を守り、安心してくらすには災害に強い家をつくることが最も重要です。
プレスト・ホームのつくる家は地震や台風からあなたと家族を守ります。
構造計算を実施し、耐震性能における最高等級である耐震等級3、耐風性能における最高等級である耐風等級2を常に意識した設計でご提案しております。
また、摩擦減震パッキン(UFO-E)を推奨することでより地震に強い家を実現いたします。

あたたと家族を守る
災害に強い木造の家

木の強さと優しさ

地震に対して、木造の住宅は大きな被害を受けにくいと言われています。比重の重い鉄などと比べた場合、重量あたりの強度は木の方がはるかに高く、圧縮ではコンクリートの5倍、引っ張りでは鉄の4倍の強度があります。建物が地震で受けるダメージはその重量に比例するので、軽量化された木の家は、耐震性が高いのです。阪神・淡路大震災では、多くのビルが倒壊する中、新耐震基準(昭和55年改正)をクリアした木造住宅が強烈な揺れに耐え、その耐震性を証明しました。 また、木は見た目の風合いだけでなく、日本の気候風土に適し、人にやさしい建築材料です。日本は四季のはっきりした気候風土です。夏を中心とした時期は高温多湿となり、逆に冬は氷点下まで気温は下がります。このような温度変化を優しく受け止めてくれるのが木造の住宅です。

最新技術で耐久性を高めた
木造軸組工法

image
木造軸組工法は、日本の伝統的な建築工法です。基礎に木の土台を載せ、その上に木の柱を立てて、梁や桁などの横に架ける部材を組んで骨組をつくり、筋交いなどの斜めに入れた木材を加え耐震・耐風構造の強度を高めます。デザインや間取り、敷地などに対して柔軟に対応できるのも特長です。プレスト・ホームは、日本の歴史・文化とともに歩んできた木造建築が、日本の気候・風土に一番適していると考え、木造軸組工法の特長を活かしつつ、最新技術を取り入れ、耐久性を高めています。

進化した強い木材
「エンジニアリングウッド」

image
image

エンジニアリングウッドとは、しっかりと管理された木材の板を強力な接着剤で固めた集成材のこと。フシや虫食いなど、天然材のデメリットを取り除きつつ、約1.5倍の強度を実現する優れた建材です。プレスト・ホームでは含水率13~18%以下という非常に乾燥した木材を使用。この厳しい含水率管理により、干し割れ・収縮・曲がり・ねじれといった木の「くるい」を抑えることに加え、防水性の高い接着剤を使用するなど、さまざまな面で強度アップに配慮しています。

地震や台風などの
外力に抵抗する剛床工法

image
剛床工法とは、床下地に厚い構造用合板を張ることにより、水平面のねじれを防ぐ工法です。 一般の在来工法では、梁と床下地の間に根太をはさみますが、剛床工法では通常の2倍以上の厚さの構造用下地合板を梁に直接接合することで、従来工法の2.5倍の強度を確保。これにより、耐震性能はもちろんのこと、耐風などにも強い、安心・安全な住まいづくりを実現しています。

耐震等級3

耐震性能とは

建物が地震のエネルギーをどれだけ吸収できるかという能力のことです。 建物の構造躯体(骨組)の強度を表す指標のひとつで、柱や梁の強さや粘り、耐力壁の量とバランスなどが影響します。

image

※プランによっては、最高等級にならない場合がありますので、打ち合わせにより決定します。

耐風等級2

耐風等級とは

建物が風圧力(台風など)に抵抗する能力のことです。暴風に対する構造躯体の崩壊、倒壊等のしにくさ及び構造躯体の損傷の生じにくさを表す指標のひとつです。

image

※プランによっては、最高等級にならない場合がありますので、打ち合わせにより決定します。

摩擦減震パッキン [推奨仕様]

UFO-Eとは

地震エネルギーを小さくする“摩擦減震”により木造家屋の倒壊を防ぐ建築金物です。
基礎パッキンのように基礎と土台の間に挟んで使用します。動力やクッション、バネなどはありません。100個前後の「W摩擦板」が荷重を分担しながら少しづつ動いて歪摩擦・静止摩擦のWブレーキが作用し、300〜800galの加速度を減震。大型地震対策に最適です。

  • image

    基礎パッキンのように基礎と土台の間に挟んで使用します。動力やクッション、バネなどはありません。

  • image

    UFO-Eのパーツ同士がこすれあい、その摩擦抵抗で揺れにブレーキが掛かります。

  • image

    基礎から土台への揺れの伝わりが小さくなり、新耐震基準を超える大型地震による倒壊を防ぎます。

  • image
  • image