パッシブデザイン|私たちの家づくり|埼玉(加須市・久喜市・蓮田市・さいたま市)【売主】新築一戸建・土地分譲・注文住宅はプレスト・ホームまでお気軽に。

トップページ私たちの家づくりパッシブデザイン

私たちの家づくり

01

夏涼しく、冬あたたかい。

パッシブデザインはより少ないエネルギーで効果的に快適空間を実現いたします。

パッシブデザインとは、建物のあり方を工夫して、太陽・風等の自然条件を最大限に活用・調整できるようにし、熱や空気の流れを制御し、快適な室内環境をつくり出す手法です。
埼玉の地域特性を熟知した設計が、その土地の気候や風土を最大限に活かし、太陽の光や風などの自然エネルギーを効率よくとりいれることで必要以上の空調や設備に頼らずとも快適に過ごせるようになります。

夏涼しく、冬あたたかい。

永く住み続ける家、せっかく建築した家も、毎日の暮らしで必ず必要となる光熱費や設備費などのエネルギー費が多くなれば、その分、将来にわたって家計の負担は大きくなります。

日常の暮らしの中で気付きにくい自然エネルギーの活用を視野に入れた設計で、省エネで家計の負担の少ない快適な室内環境をご提供いたします。

自然の力を利用して快適に暮らす
~心地よい光と風を感じるパッシブデザイン~

パッシブデザインの目的
パッシブデザインとは、エアコンなどの機械をできるだけ使わず、太陽の光、熱、そして風といった「自然エネルギー」を最大限に活用・調節して、快適な住まいづくりをしようとする設計思想・設計手法のことを言います。 その土地の気候や風土を活かし自然の光や風を上手に活用して室内を冬暖かく、夏涼しくするため、電気やガスなどへの依存率が減少し、省エネでありながら快適で健康的な暮らしを実現することができます。
快適は設備ではなく「建築」でつくる
「エアコンの暖かさと、陽だまりの暖かさ、どちらがすきですか?」
「エアコンの涼しさと、涼しい風を身体に受けるとでは、どちらが気持ちいいと思いまか?」
冬の日中は、できればエアコンの暖房より陽だまりの暖かさで暮らしたい。また、さわやかに晴れた日は、家の中を通り抜ける心地よい風があって欲しい。そんな自然にある快適さを温熱環境づくりや照明の替わりに利用するのがパッシブデザインの原理です。

パッシブデザインの原理

パッシブデザインで涼しく パッシブデザインで暖かく

私たちがパッシブデザインによって実現したい環境を温度で表現すると次のようになります。

  • 無冷房で室温35℃以下

  • 無暖房で室温16℃以上

いずれもエアコン無しの場合の自然室温の設定になります。夏や冬は必要な時に少しだけエアコンを稼動することでとても快適な温熱環境となります。
また、室内にまんべんなく自然光が入る工夫を行うことで、日中は照明設備に頼ることなく過ごせる明るい室内環境も実現いたします。

パッシブデザインの5つの設計項目

POINT

01

断熱

冬の暖かさを実現する上で断熱はとても重要です。断熱性能が高まることで、内外温度差が大きくなり、暖房室と非暖房室の温度差も小さくなります。また、断熱性能とともに、気密性能の向上も考慮することで、暖かさが持続する住まいとなります。プレスト・ホームでは、断熱性能や気密性能を表す数値に対して具体的な目標値を定めて設計を行います。
  国の基準 当社の性能 解説
UA値 0.87W
/㎡K
0.46W
/㎡K以下
この数値が小さいほど、建物全体の断熱仕様が良いことを示します。
Q値 (2.7W
/㎡K)
1.6W
/㎡K以下
この数値が小さいほど、建物全体の断熱・保温性が高いです。UA値よりも実際の冬の暖かさの指標になります。
POINT

02

日射熱利用暖房

冬の晴れた日に南に向いた窓から入る熱量は大きく、その窓から日射を積極的に取り入れることで室温が上昇し、断熱性能の向上と相まって、夜間も暖房効果が持続するという現象が起こります。日射熱によって暖められた部屋の快適感は高く、暖房エネルギーを削減し省エネ効果も得られます。プレスト・ホームでは、一邸ごとに日照のシミュレーションを検討し、日射取得性能を表す数値に対して具体的な目標値を定めて設計を行います。
  国の基準 当社の性能 解説
ηAH値 なし 2.5以上 この数値が大きいほど、日射取得性能が高いと言えます。
POINT

03

日射遮蔽

日射を遮蔽することは、夏の涼しさの実現へとつながります。そのために最も重要なのは「窓から入る日射を防ぐ」ことです。
それ以外にも「断熱によって、屋根や外壁から室内に入る熱量を少なくする」「通気層や換気によって、屋根や外壁から室内に入る熱量を少なくする」「屋根や外壁の材料の仕上げ材の選択によって、屋根や外壁に当たった日射をはじく」「植栽や外構の工夫によって、外壁に当たる日射量を少なくする」といった項目を検討します。
プレスト・ホームでは、日射遮蔽を表す数値に対して具体的な目標値を定めて設計を行います。
  国の基準 当社の性能 解説
ηAC値 2.8 1.0以下 この数値が小さいほど、日射遮蔽性能が高いと言えます。
POINT

04

自然風利用

身体に風が当たると涼しいと感じます。特に低温の風が当たるとより涼しく感じます。この効果を利用しようというのが、自然風を利用する設計の一つの狙いです。
もう一つの狙いは建物に溜まった熱を外に出すことです。これも低温の風を通すほど効果が大きくなります。
その大前提として、自然風利用は室温よりも外の気温が低いときに行うことがとても重要です。
自然風利用にはその地域の特性を考慮し、気温や風向を計算し窓を開けるタイミングを計算します。
ただし、設計的な工夫によって、自然風が利用できる建物であっても、タイミングよく窓を開けるなどの住まい手の実践がなければその効果は得られません。
プレスト・ホームでは、これらの手法を意識した設計を行っています。
POINT

05

昼光利用

日射熱利用暖房では、太陽の熱を活用しますが、昼光利用では太陽の光を利用します。夏や冬だけに限らず、一年中を通して日中はできるだけ照明器具に頼らず、昼間は電気をつけなくても暮らせる室内空間を実現するのがこの手法です。
窓を設け自然光を採り入れる「採光」と、建物に入った光をできるだけ奥に導く「導光」を考えて設計を行っています。