健康に暮らせる理由|私たちの家づくり|埼玉(加須市・久喜市・蓮田市・さいたま市)【売主】新築一戸建・土地分譲・注文住宅はプレスト・ホームまでお気軽に。

トップページ私たちの家づくり健康に暮らせる理由

私たちの家づくり

02

健康な暮らし。

高気密・高断熱の家は疾病リスクからあなたとあなたの家族を守ります。

ずっと健康で快適に暮らすためには、高気密・高断熱の家をつくることが重要です。
プレスト・ホームのつくる家は、暑さ・寒さによるストレスから解放されるだけでなく、室内の温度差による疾病リスクからあなたと家族を守ります。

日本では「健康=断熱性能」という事実をあまり知られていません。しかし、欧米では住宅の断熱性能と健康との関係は誰もが知っている常識です。
断熱性能を上げることは室内の快適性を向上させるだけでなく、急激な温度差がきっかけとなり脳出血や心筋梗塞を引き起こす「ヒートショック」の防止になります。また、風邪や冷え性、アレルギーの改善にも効果があることがわかっています。

プレスト・ホームでは断熱性に優れた外壁材ALC、窓からの熱損失を抑えるLow-E複層ガラス樹脂サッシ、硬質ウレタンフォーム吹付け断熱など、断熱性能にこだわった家づくりを行っています。

家族の健康を守る高気密・高断熱の家

残念ながら日本の住宅の気密性・断熱性は先進国の中で最低レベルであることを知る人はあまりいません。すぐれた気密性・断熱性能は暮らしに快適さと健康効果、省エネ効果をもたらします。
ずっと健康で快適にくらしていただくためにプレスト・ホームは、世界基準の住宅性能を目指し、高気密・高断熱にこだわった住まいを提供いたします。

『ヒートショック』を防ぐカギは「断熱」

ヒートショックとは、暖房の効いた暖かい部屋から、浴室やトイレなどの寒い部屋に移動したとき、急激な温度差により血圧が変動し、脳出血や脳梗塞、心筋梗塞等を起こしたりすることを言います。血管や心臓は急激な温度差による負担に弱いものです。ヒートショックに関連する死亡者数は、交通事故でなくなる方の4倍に及ぶとも言われます。 住宅を断熱することは、室内の温熱環境の改善による快適性の向上だけでなく、20℃近い急激な温度変化で生じるヒートショックの防止にも役立ちます。

グラフ
グラフ

主な国の75歳以上の溺死死亡率(人口10万対)。川や海などでの溺死も含めたデータなので、入浴中のヒートショックによる死亡数と同じではないが、それにしても日本の死亡率が突出している(出典:国立保健医療科学院)

断熱性能を上げることは、健康状態の改善に繋がる

健康のために禁煙をしたり、食生活などの生活習慣に気を使っている方も多いのではないでしょうか。でも、実は生活習慣の見直しよりも住宅の断熱性能の改善の方が健康のためには重要なんです。
日本ではあまり知られていませんが、欧米では住宅の断熱性能と健康の関係は誰もが知っている常識。
風邪や冷え性だけでなく、アトピー性皮膚炎など、アレルギーの改善にも効果があることがわかっています。

グラフ

「飲酒」「運動」「喫煙」「断熱」の4つの要素のうち、「断熱」が最も健康改善に効果があります。

グラフ

省エネで考えると、国が定める省エネ基準(Q値2.7W/m2・k)程度の断熱性があれば十分だと考えられていましたが、さらに断熱性能を上げると、健康改善に効果があることがわかっています。

優れた断熱性で快適な室内環境をつくる

高性能外壁材ALC

image

プレスト・ホームが採用しているALC外壁材は断熱性に優れた外壁材です。
熱の伝えにくさを表す数値「熱伝達抵抗」で見てみると一目瞭然です。断熱性に優れたALC外壁材は外気と室内との熱伝導が起きにくいため、冬に屋外の冷たい空気が入らないだけでなく、室内の暖まった空気を外に漏らしません。そして、夏は暑い空気や太陽の熱を通さない上に、室内のひんやりした空気を外に漏らさないという効果もあります。
外壁材ALCは、厳寒の北極圏から、酷暑の砂漠や赤道直下の国々まで、世界約40カ国で、生産・使用され、暑い場所から寒い場所まで様々な環境で活躍しています。

image

※熱伝達抵抗とは、各種材料の1㎡あたりの熱の伝えにくさを表す数値。数値が大きいほど熱を伝えにくく、断熱性に優れた材料であることを表します。※各データはメーカーカタログより抜粋。

37mmの厚みが住まいの断熱性を高めます。

ALC外壁材の37mmの厚さの中には、細かい気泡が均一に入っています。この気泡に含まれた空気が層をつくるため、熱の伝わりを抑え、夏の暑さや冬の寒さから室内の温度環境を守ります。

image
image

サーモグラフィーによる断熱性能比較実験

ALC外壁材の優れた断熱性能は住まいを快適にし、省エネルギーにも貢献。

【条件】外気温1.5℃、室内エアコン22℃設定で運転後、エアコンを切ってすぐ。
左の窯業系サイディング外壁材はすでに外気により内側まで冷やされていますが、ALC外壁材は熱をたもっています。ALC外壁材の断熱性能は、冬暖かく夏涼しい、快適な住まいを実現。真夏の直射日光にさらされる外壁の表面温度は非常に高く、その熱が屋内に伝わり家全体に熱気がこもります。ALC外壁材の場合は、表面温度が裏面に伝わりにくいため、屋内の冷房効率が高まり、省エネにつながります。

耐火性

ALC外壁材は耐火性にも非常に優れています。万一、近隣で火災が発生した場合、類焼を防ぐ上で、あるいは反対に近隣への延焼を防ぐ上でも、優れた耐火性を発揮し、家族の生命や家財道具を守ることに貢献します。また、ALC外壁材の主な原料は微粉砕した珪酸系原料、ポルトランドセメント、生石灰、発泡剤、水などの無機質材であるため、たとえ火災などで高温になっても煙や有毒ガスが発生する心配はありません。

image

ALC外壁材の上に雪だるまを載せて、バーナーで加熱しても、溶けずに残りました。

防災性

ALC外壁材は圧縮にも引っぱりにも強く、柔軟な目地を持ち、災害の外力に耐えるとともに、上手に受け流す発想です。
地震時、壁の重量が重いとその分構造体にかかる負担は大きくなります。
ALC外壁材は一般のコンクリートの約1/4の軽さのため建物の振動による負担を少なくします。また、地震時における構造体の変形を目地で吸収するため、面内意変形試験においてもその安全性が確認されています。

image

水に浮くほど軽量で
建物への負担を軽減

ALC外壁材は日本のほとんどの地域を網羅する過去最大級の台風(基本風速38m/s)に対しても充分な強度をもっています。最大級の台風以上を想定した試験でも異常はまったく見られませんでした。

image

遮音性

ALC外壁材は火や熱を遮断するだけでなく、音も通しにくい外壁材です。音の反射が大きく、音を通しにくい素材です。壁体内を伝わった音は、37ミリの厚さ内に無数にある独立気泡が吸収する為さらに遮音効果を発揮し、室内への音の侵入を低減します。騒音は人間の情緒を不安定にしストレスになります。ALC外壁材は、ビル建築の遮音壁や遮音床などにも用いられるほど遮音性にすぐれており、騒音のストレスから暮らしを守ります。
また、室内の音も外に伝わりにくいので、プライバシーをしっかり守ることができます。
さらに、性能劣化がなく、新築当時の遮音性能が長期にわたって保たれるため、外部の音を遮り、家の外にも音を漏らさない快適な環境をつくります。

image

耐久性

ALC外壁材は60年以上の耐久性を備えています。親子2世代を超える長い歳月を経ても変わらず性能を維持し、その価値をたもち続けます。60年以上にわたり、手入れをしながら、張り替えをすることなく、永く使い続けることができる外壁材です。

image

※旭化成建材資料参照

高い断熱性で快適な住環境

Low-E複層ガラス樹脂サッシ

image

夏は日射によって温められた暑い空気の70%近くが窓から室内に入ってきます。窓の遮熱性・断熱性を高めるとその暑い空気と伝えにくくするため、室内の温度上昇をおさえることができます。
冬は家の中であたためた空気の50%近くが窓から逃げてしまいます。窓の断熱性を高めると室内であたためた空気を逃がしにくくするため、室内の温度低下をおさえることができます。
窓の断熱性を高めると、夏も冬も少ないエネルギーで快適に過ごすことができ、冷暖房費を大幅にカットすることができます。

Low-E複層ガラス樹脂サッシとは

Low-E複層ガラス

ガラスに挟まれた空気の層によって熱を室内に閉じ込め、表面の特殊金属コーティングにより、太陽や室内からの熱を遮断し、住まいの省エネ性をより高めます。

image

※遮熱タイプはYKK AP株式会社の商品です。

樹脂サッシ

熱伝導率の低い樹脂を用いることで、一般のサッシと比べて約3倍の断熱性能がある樹脂サッシ。結露しにくいので掃除の手間いらず、カビの発生も抑える優れた素材です。

image

不快ゾーンや結露を減少させ、快適な暮らしを実現。国内最高レベルの断熱性。

Low-E複層ガラスは、その高い断熱性により、室内の温度低下を抑制し、不快ゾーンを減少させます。
また、樹脂サッシは、一般サッシに比べ圧倒的に結露を減らし、暮らしを快適にするだけではなく、カビなどの原因も防ぎお子さまにも安心です。また、お住まいの長寿命化にも貢献します。プレスト・ホームのLow-E複層ガラス樹脂サッシなら、寒い冬でも窓面の温度があまり下がらず、そのため結露も抑制し快適な住空間を確保します。

【不快ゾーン比較】
image

※室外気温-8℃、室内温度20℃の時、平均放射温度が17℃以下のゾーン。出典:『住宅の省エネルギーと開口部ー窓ガラスの二重化、三重化による断熱構造化と省エネルギー効果の計算ー』板硝子協会

【冬の窓辺の表面温度/結露比較】

image

※注意 結露の発生は窓の性能だけではなく、住まいや他の自然環境にも影響されます。室内の条件によって結露が発生する場合もあります。
※出典:YKKap カタログ

優れた断熱性で冷暖房費を大幅カット。

Low-E複層ガラス樹脂サッシは優れた断熱性で冷気を抑え、寒い冬でも快適な住環境を保ちます。さらに、優れた断熱性能は省エネルギーにも効果的。冬の暖房費、夏の冷房費を大幅にカットすることで、家計の負担を軽減します。

【サーモグラフィで見る冬の室温】
image

※床暖房停止後4時間経過時をサーモグラフィカメラで撮影。YKKap試験による。

【サーモグラフィで見る夏のガラス表面温度】

image

※室外温度35℃/室内温度25℃ YKKap試験値

image

※住まいの条件によって得られる数値は異なります。

高い気密性と優れた断熱性

硬質ウレタンフォーム
吹付け断熱

image

硬質ウレタンフォームとは、ポリウレタン樹脂を発泡させたスポンジ状の断熱材です。小さな硬い泡の集合体に熱を伝えにくい空気が閉じ込められているため、優れた断熱性が得られます。
さらにアレルギーなどの原因とされる有害物質や、ホルムアルデヒドを発生させないよう健康面にも配慮しています。

気泡が温度を伝えない。優れた断熱性。

【熱伝道率比較】※株式会社日本アクアより
image

※熱伝導率とは熱の伝わりやすさを表すもので数値が小さいほど断熱性に優れています。
※(独)住宅金融支援機構監修の工事仕様書の断熱区分はA〜Fの6段階でFに近くなるほど断熱性に優れています。
※A種3:JIS規格により分けられた断熱材の種類のことです、A種3は木造住宅用の水発泡100倍の硬質ウレタンで熱伝導率λ-0.040以下のものとなります。
※JISA9526の試験方法によるとアクアフォームの熱伝導率は0.0347W/m・k(工事仕様書断熱区分はD)となります。

【小屋裏の温度比較】
※撮影時の平均外気温30.1℃
image

※株式会社日本アクアより
※「アクアフォーム」は株式会社日本アクアの登録商標です。

現場施工だからできる隙間のない断熱。高い気密性。壁内結露の抑制。

住宅の隅から隅まで家全体をすっぽりと覆う「現場吹付発泡」による断熱工事を行うため、窓や筋交い周辺等の細かい部分にも隙間なく充填でき、高い気密性を実現します。また、他の断熱材料にはない「自己接着力」のおかげで、柱や梁との間に隙間ができにくく湿気も遮断するため、壁内結露やカビの発生をおさえ、建物を永く大切に使うことが出来ます。

【自己接着力】

image

【気密性】

項目 アクアフォーム
断熱材品種 -
相当隙間面積C値(cm2/m2) 2.0以下

※株式会社日本アクアより

隙間がないから音漏れも防げる。音が伝わりにくい。

吹付硬質ウレタンフォームは、隙間なく駆体に充填出来るため、外部の騒音や内側からの生活音の漏れを抑制します。また細かな気泡構造で音をスポンジ状のフォーム内に分散し、騒音や生活音の漏れを軽減し、より快適な住環境を実現します。

音への対策
吹付硬質ウレタンフォーム 吸音・遮音効果が期待できる
発泡系プラスチック断熱材 吸音・遮音効果は低く期待できない
繊維系断熱材 吸音効果のみで遮音効果は期待できない

※BASF INOCAポリウレタン株式会社HPより

車の騒音や人の話し声等の空気を伝わってくる音への対策としては、
①隙間をなくし気密性をあげる(遮音)
②躯体の中に吸音材を入れる(吸音)等があります。
吹付硬質ウレタンフォームの家は気密性が高く、内部の連続した気泡による吸音性により、建物内外に音が伝わりにくくなり、より静かな生活ができます。
※音のきこえ方には個人差があります。

熱を与えると硬化する素材。火災でも溶けない。

吹付硬質ウレタンフォームは熱硬化性プラスチックのため、高温になっても液化しません。火災の際、吹付硬質ウレタンフォームは約300~400℃で固体の状態で燃焼、二酸化炭素等を発生し、そのもの自体は炭化します。自己消化性を持っているため、火を当て続けない限り延焼することはありません。
一方、スチレンフォーム等は、約80℃で変形が始まり、やがて液化し、火が着けば一気に燃え上がります。
吹付硬質ウレタンフォームは熱で溶けることがありませんし、通常は石膏ボード(耐火ボード)の内側にあるので、火災の際に一気に燃え上がる危険はありません。日本工業規格による硬質ウレタンフォームの燃焼性JIS A9526の規定にも適合した製品なので、万が一の火災にも安心です。

image