お客さまレポート#005 「オープンウィンドウで開放的に暮らすカフェスタイルの家」|スタッフブログ|埼玉(加須市・久喜市・蓮田市・さいたま市)【売主】新築一戸建・土地分譲・注文住宅はプレスト・ホームまでお気軽に。

トップページスタッフブログお客さまレポート#005 「オープンウィンドウで開放的に暮らすカフェスタイルの家」

BLOG

スタッフブログ

お客さまレポート#005 「オープンウィンドウで開放的に暮らすカフェスタイルの家」

20.07.19

カテゴリー:お客様レポート

お客さまレポート #005

「オープンウィンドウで開放的に暮らすカフェスタイルの家」

2020年3月に完成したお客さま宅をご訪問。

お話を伺ってきました!

栃木県小山市I様邸

【階数】

2階建て

【間取】

4LDK

【延床面積】

99.36㎡(約30.05坪)

Qマイホームご購入のきっかけを教えてください。

その日は車を購入しようとたまたま上尾に行きました。その帰りに通りかかった住宅展示場に立ち寄ったのがきっかけでした。展示場内のいくつかのモデルハウスをまわって最後に入ったのが、ユニバーサルホームさんのモデルハウスでした。寒い冬の夕方だったこともあり、他のどのモデルハウスよりも隅々まで暖かいことに驚きました。こんな家に住みたいと思いました。

その時対応してくださった鈴木さんは、他のモデルハウスの方のように一方的に説明するといったこともなく、さほど売る気もないような感じでとても気さくに接してくださいました。そんな鈴木さんとのお話がマイホームが欲しいと思っていた私の背中を押してくれました。

Qプレスト・ホーム(ユニバーサルホーム)に決めた理由をお聞かせください。

家を建てられるかどうかも分からない段階にも関わらず、土地探しに協力してくださいました。不安なことも担当の鈴木さんがひとつひとつ相談にのってくださったことで信頼が生まれました。「ユニバーサルホームさんで家を建てたら幸せだ」と確信できるようになったことが決めた理由の一つです。

そして、もう一つの理由は、荻原さんが提案してくださったプランが完璧だったことです。まさに私が住みたいと思う家そのものでした。あのプランを見て「建てない」とは言えませんでした。仮に違うプランだったら建てていなかったかもしれません。海外生活が長い私の希望に合うように、海外の住宅について随分調べてくださったと、後から聞きました。とても嬉しかったです。

Qマイホームが完成するまでの事についてお聞かせください。

家を建てている場所と住んでいる場所が近所だったので、毎週のように見に行っていました。大工さんとも会えたので、大工さんに色々提案していただいたり、細かいところまで丁寧にやっていただけてとても良かったです。建築中に現場監督さんや大工さんの様子を見ることができて、お話もできたので安心してお任せすることができました。

洗面の鏡は自分で購入したものを建築中に持ち込んで、現場監督の萩原さんと相談しながら設置してもらいました。おかげでドアを開けてリビングからずっと見ていたいくらい、この洗面スペースは気に入っています。

玄関の鏡は自分で付けました。ちょっと曲がってしまったのですが、それはそれで気に入っています。現場監督さんにも「上手に貼れてますよ」と言っていただきました。

Qマイホームのこだわりや気に入っているところなどお聞かせください。

こだわりはなんといってもダイニング横のオープンウィンドウです。折れ戸になっていて壁面いっぱいまで開けることができます。この窓が付けたくて他の窓の予算を削ったくらい、この窓は譲れませんでした。

どんな天気でも休日はほぼ一日中全開にしています。引っ越したのが3月だったのですが、床暖房のお陰で全く寒くなかったので、3月でも全開にしていました。この開放感は本当に気持ちがいいです。

庭側はウッドデッキではなくタイルの階段にしました。子どもたちはそこに座っておやつを食べながら遊んだりしています。

この窓を開けている時は、玄関を使わずにここから家に出入りすることも多いです。

サッシの色は外壁に合わせてブラックを選びました。かわいくなりすぎず良かったです。

将来この家を子どもたちに譲った時に、Cafeにもできるようにと考えてこの家をつくりました。この窓があればOpen Cafeにもできると思います。

玄関を開けると玄関ホールやドアがなく、すぐリビングという間取にしました。日本の住宅ではあまりない間取ですが、ドアがあるのが好きではないので、できるだけ少なくしてオープンな生活スタイルにしたいと思いました。

子どもたちには、来客があったらすぐ挨拶ができる子に育って欲しいと思っています。部屋にいて挨拶もしない、なんて事がないようにリビングと玄関の隔たりをなくし、誰が来てもすぐ挨拶ができるような間取にしました。私自身も玄関で立ち話をするのが好きではないので、自然に「上がってお茶でもどうぞ」という雰囲気になるのでとても良かったと思います。

子どもが出かける時もキッチンにいてもすぐ声がかけられるのもいいですし、忘れ物があってもすぐに取りに戻れるのでとても楽です。この間取は本当に楽に暮らせると思います。

リビングの壁は、あえてアクセントクロスは使わず白いクロスにしました。プロジェクターで映像を映せるようにしたかったからです。

家族でゆったり寛ぎながら映画を観たり、また友だちを呼んでポップコーン片手に映画館のように楽しんだりできて、子どもたちもとても喜んでいます。

Q住んでからのご感想をお聞かせください。

冬の終わり頃の3月の入居でしたが、床暖房のお陰で、寒くて辛いと感じることもなく快適に暮らすことができました。日当たりも良く、窓の位置もそうですが、全てのものが使いやすい位置に配置されていて、デザインをしてくださった荻原さんは全て分かっていたのだなーと日々感じています。本当に毎日が快適です。家がとても居心地がいいので、毎日早く家に帰りたいという気持ちになります。

キッチンもとても使いやすいです。そしてキッチンの窓から見える借景のグリーンがとてもキレイで未だにカーテンが付けられずにいます。この窓の位置も絶妙です。

子ども部屋の広さは始めは4.5帖では狭いかなと思っていましたが、暮らしてみるとちょうど良い広さでした。

クローゼットの扉がないのも良かったです。部屋が広く使えますし、子どもが自分で整理整頓しやすく、洋服が一目で見えるので選ぶ時もスムーズです。

Q住んでみてもっとこうすれば良かったと思うことはありますか。

電気のスイッチの位置は良く考えたので、とても使いやすい位置に設置できているのですが、コンセントの位置をもっと考えれば良かったと思います。実際に家具を置いてみたら、家具の高さに合わなかったり、家具の後ろに隠れてしまったりして使いにくい場所があります。

あとは、寝室のクローゼットの奥行きをもっと浅くしてもよかったかもしれないと思いました。今のクローゼットはわりと奥行きにゆとりがあるのですが、洋服がハンガーでかけられるくらいの奥行きにすれば出入り口が広くできたと思います。

キレイ好きでとてもセンスの良いI様。オープンな間取にすることで心も開放され、気楽に楽しく暮らせると笑顔でおっしゃっていました。いつかCafeがオープンしたらまた伺いたいと思います。

ご協力ありがとうございました。