お引渡し済のお客様へfor owners

住まいを守るために、知っておくべき知識や情報をまとめました。ぜひともご活用ください。

住まいを長持ちさせるために住まいを長持ちさせるために

基礎を保つ

  • 基礎周り

    上下水道工事、植栽などで基礎のまわりを深く掘るときは、基礎本体を損傷したり、支持地盤を害さないよう十分注意してください。
    建物に接近して将来大木になるような樹木を植えると成長に伴って根が基礎を破壊することがありますので注意しましょう。

  • 換気

    床下の換気は木部の腐朽菌防止上重要です。換気口のまわりに物を置いてふさいだりしないように注意してください。(天然床冷房基礎は除く)

  • 亀裂

    コンクリート本体の亀裂は、基礎の構造体力に影響します。もしも亀裂を見つけたら、さらに床下からの基礎の内側を点検し、異常が認められたら最寄の店舗にご相談ください。

  • 不動沈下

    地盤の状況にもよりますが、長期にわたる荷重負担、付近での地下水のくみ上げ、地震などにより建物を支える地盤が局部的に沈下することにより生じ、極端な場合には基礎が破断してしまうことがあります。特に、従前が傾斜地や沼地であった土地には盛り土した敷地に建設した例に被害が多いようです。
    1年に1度程度、建物全体を距離の離れた位置から眺めてみましょう。

  • 門・塀

    門・塀は傾いてないか、基礎部分を特に注意して点検しましょう。
    ブロック塀は、目地部分のひび割れなど、地震時に倒壊などの危険がないか十分に気をつけましょう。

敷地の排水

  • 敷地の排水

    敷地内に水たまりが出来て長時間乾かないなど、敷地に湿気が多いと衛生上好ましくないばかりか、建物の劣化を早めるほか、白アリなどの害虫発生の原因になりますので日頃から敷地内の排水経路に気を付け、建物のまわりに設けられている排水用ためますや溝のゴミはときどき掃除しましょう。
    どうしても水はけが悪い地盤では、U字講や集水管を埋設することをおすすめします。最寄りの店舗に依頼しましょう。

  • 盛り土

    住宅の床下の地盤は、通常周囲の地盤より高くして雨水の侵入を防ぐように設計されています。このため建物の外周部に花壇を設けたりして盛り土を行うことは極力避けましょう。

  • 土止め・石垣

    土止め・石垣の水抜口は詰まらないようにときどき掃除しましょう。水抜口が詰まると地中の排水ができなくなり、土留めや石垣が崩れるなど大きな事故の原因となることがあります。また、亀裂や傾斜、はらみなどの異常がないか、定期的に点検し異常が認められる場合は早めに最寄りの店舗に相談しましょう。

腐朽菌

  • 被害を受けやすいところ

    湿度80%以上、温度10℃以上で発育開始、各部分の水分の多少が木材の腐朽にとって最も重要で、次の部分が要注意ですので、重点的に点検しましょう。

    1. 雨どい付近、植木が接近する雨がかかり雨どいからあふれた雨水や、破損個所からの漏水により腐朽の危険があります。また、植木や玄関たたきの付近などは、雨水のはねかえりが予想されるため注意しましょう。
    2. 雨漏りが起こると、天井から床下まで全ての部材が危険になります。屋根以外にも開口部周辺から起こることがありますので十分注意しましょう。
    3. その他、結露水、設備の漏水の生じる箇所、開口部周辺などの結露が起こる部分は水分を含みやすくなります。

    ※木材が腐朽すると、菌によって分解された成分のなかに白アリを誘引する物質が含まれる場合が多いため、木材が腐朽している部分は白アリの被害を受ける可能性がきわめて高くなっています。木部の普及の点検や補修は最寄りの店舗に依頼してください。

白アリ

  • 被害を受けやすいところ

    腐朽菌による被害を受ける部分とほぼ同様です。
    床下にカンナくずや木片が残っていないか確認しましょう。建物の周囲に木柱や木の垣根、木片などがあると、ここを巣として白アリが繁殖する場合があります。敷地内に木片を放置したり、埋め込んだりすることはやめましょう。

  • 発見方法

    羽アリを見つけたら要注意。4~7月にかけて羽アリを見つけたら、白アリの羽アリか普通の羽アリか確認しましょう。床下の布基礎内部表面などに、地盤面から泥で固めたような道(蟻道)がある時は白アリがいると考えられます。被害が進行すると、木材の内部から空洞化してきますので、木槌などでたたくと空洞音がします。近所で白アリによる被害を見つけたら、被害の大小を問わず、最寄りの店舗にご相談ください。

結露

  • 表面結露の防止

    結露防止のポイントは次の4点があげられます。

    A. 過度な湿気の防止。室内の温度の上限は60%までにコントロール

    1. 室内では洗濯物をできるだけ干さない。
    2. 室内の水槽や植物を少なめにする。
    3. 浴室の入り口の戸を開け放しにしない。
    4. 開放型ストーブを使用しない。

    B. 換気の促進

    1. 窓を開けて換気をする。
    2. 小窓や換気口を使って換気する。
    3. 換気扇を使って換気する。
    4. 浴室や使っていない部屋も換気する。

    C. 室温は適温に保つ。

    1. 室温は適温(冬20℃~23℃、夏25℃~28℃)を保つように心がける。
    2. 家の中で低温の場所を作らない。

    D. 空気の流通をよくする。

    1. 壁・床に接して家具などを置かない。
    2. 押し入れの中でも壁・床に接して物を置かない。
  • 居間

    暖房時における室内の温度差により結露しやすくなります。窓ガラス面やサッシのアルミ部分は特に結露しやすいので、これに接する木部などを濡らさないよう注意し、こまめに拭き取りましょう。同じ建物内であっても一部屋だけを極端に暖めすぎると、暖房をしている部屋と暖房をしていない部屋との温度差は大きくなり、内部建具、間切り壁面に結露が生じます。隣接する二部屋の温度差は極力少なくするように努めましょう。

  • 押し入れ・収納

    押し入れ、収納などの内部は結露しやすいので頻繁に戸を開けて換気しましょう。
    また、ふとんなどで内部の空気の対流が妨げられやすいので、すのこを下に敷くなどの工夫をして空気の循環をよくしましょう。

  • 浴室

    浴室は、1年を通して多量の水蒸気が発生する所です。入浴後は窓を開けるか、換気扇を回し、換気に心がけましょう。また、常時入口の戸を閉めておくことを徹底し、住宅内に湿気をもらさないよう注意することが必要です。

  • 内部結露の防止

    室内の壁表面に発生する表面結露を内部結露といいます。内部結露は、室内の水蒸気を含んだ空気が壁体内に侵入し、外に抜けることが出来ずに断熱材内部に滞留したものが、外気により冷やされることにより発生します。床組の点検とあわせて定期的に点検し、異常が認められた時は最寄りの店舗に相談しましょう。

カビ

  • カビの予防

    カビは、適度な湿気と温度、そして栄養のあるところにはどこでも繁殖し、温度20℃~70℃、湿度70%以上になると急激に発生しやすくなります。建材や仕上げに使われる接着剤やのりを栄養分として結露によるシミや湿気のある場所に発生するので、まず、結露を防ぐこと、通風をよくすることが重要になってきます。

  • カビの除去

    カビが発生したらすぐ取り除くことが重要ですが、あまりにひどくなったときは専門の業者に頼みましょう。特にビニールクロスの場合は、裏面に発生してしまうと張り替えるしかありません。また、表面のカビをとる場合は、中性洗剤をうすめ、固く絞った雑巾で拭き、ドライヤーで乾燥させるとよいでしょう。

ダニ

  • ダニの活動

    ダニは、高温多湿を好むため、一般的に夏に発生、活発に活動し、冬は活動しないものと言われています。しかし、最近は暖房機器や加湿器の普及など生活様式の変化などから、住宅内でダニが活動しやすくなっています。カーペットや畳、カーテン、衣類など不潔にしているとダニ発生の原因になり、かゆみ、腫れ、ニキビ、喘息など様々など様々な病気の原因になるといわれています。

  • ダニの予防法

    1. 掃除機でホコリをこまめに、かつ入念に吸い取ること。(1㎡当たり1分が目安)
    2. 畳の上には敷物(じゅうたん、カーペット類)は使用しないこと。畳の通気性を悪くし、ダニの格好の住みかとなります。
    3. 室内の換気、通風に注意すること。ダニの発生する梅雨時の少し前から布団乾燥機や除湿機を使用すると、ダニが発生しにくくなります。
    4. 市販の防虫紙を畳の下に使用すること。

住まいの防災対策住まいの防災対策

万一の地震に備えて

  • 門柱

    転倒の危険がないかチェックします。特に、ブロック塀や背の高い塀は、あらかじめ補強しておくことが必要でしょう。

  • 台所

    毎日、火を使う場所はスピーディーに動けるように整理整頓しておきましょう。
    また、消火器などは、すぐ手の届くところに設置しておいてください。

  • 転倒防止

    たんすや食器棚などの転倒防止には、安定した場所にレイアウトするとともに、金具などで、しっかり固定することが有効です。

  • 落下物

    家具や棚の上に物をのせることは、できるだけ避けましょう。人が下にいる可能性もあります。

出火に備えて

  • 炊事

    火を使っている時は、絶対にその場所をはなれないこと。そして、火の始末をしっかり確認する習慣をつけましょう。

  • 機器の取扱い

    ガスの石油、電気などを利用した設備機器は、誤った使い方をすると発火、爆発する恐れがありますので、仕様書をよく読んでから、正しく使用しましょう。

  • 早期発見

    ホームセキュリティ機器が普及している今日、一般家庭においても火災報知器やガス探知機などを設置することをおすすめします。

台風に備えて

  • 台風のシーズンは9月~10月です。万一の時の非難の手順や対策についてご家族でよく打ち合わせておきましょう。台風が接近したら、ラジオやテレビの台風情報に注意しながら、家の周りを整理したり雨戸やガラス戸を点検してください。なお、危険を伴うものについては最寄りの店舗に依頼してください。

  • 雨どい

    落葉や泥を取り除いて、水はけを良くしておきます。また、雨どいの接合部がはずれていたり、受け金具がゆるんでいないか確認し、固定しておきましょう。

  • 排水溝

    敷地内の雨水は速やかに敷地外へ排出することが大切です。敷地内や周辺の排水溝などを点検し、雨水が速やかに流れるように掃除します。

  • アンテナ

    屋根の上などに設けられたアンテナは、台風の強風に耐えられるかどうか確認します。

  • 植木

    強風に枝が折れて、建物を破損したり、電線などに引っかかっては大変です。添え木をしたり、張り出した枝、電線に近い枝などは切り落としておきましょう。

  • 屋外コンセント

    よく見まわって雨水などが入らないように確認しておきましょう。

  • 台風が去った後は

    専門の業者に依頼して次のことをチェックしてみてください。

    1. 屋根瓦のずれ、剥がれ
    2. 雨どいのたわみ、はずれ、つまり
    3. 屋根の谷部分やバルコニーの排水口のつまり
    4. 破風版、鼻かくしの損傷
  • 風速の知識

    風速10m/秒・・・傘が壊れる
    風速20m/秒・・・子供は歩けない。大人も体を預けてやっと歩ける。
    風速30m/秒・・・雨戸がはずれる。
    風速40m/秒・・・小石が飛び散り、列車も倒れる。

正しい洗剤・洗浄剤の知識正しい洗剤・洗浄剤の知識

洗剤・洗浄剤一覧表

  • ※クリックするとPDFが開きます。

    洗剤・洗浄剤一覧表